小野薬品工業株式会社 RECRUITING SITE

熱き挑戦者たちであれ

ono's 製造技術職

理系
薬系

「真に患者さんのために」安心してお使いいただける医薬品を製造する

製造技術職は高い品質の医薬品を安定的に医療現場へと供給するために、その製造設備の考案から導入・安定化、稼働状況のモニタリングも担当します。製造法を研究から受け継ぎ、さらに改善も行います。そして、使用する原料や出来上がった製品の品質を厳しくチェックすることで、安全で安心して使用できる製品を安定的に製造していきます。

製造技術職の仕事内容

医薬品の製造

品質の高い医薬品を安定的に供給するために、単に「つくる」だけでなく、製造手順の策定から確認業務、製造設備導入から機器のメンテナンスなども担います。

小野薬品らしさ


土屋
治験薬で実施される臨床試験によって、医薬品として承認された後は、製品として製造されますが、治験薬から製品への連携はどのようにされていますか?

小野薬品では、医薬品の製剤化を研究して医薬を製造する部門と、承認された化合物を、製品として工業生産する部門を一つの組織で運営することで、治験薬の研究段階から、工業製品製造部門が連携し、その製造法を安定的に移管しています。そして、さらに高い品質を目指して新たな製造法にチャレンジしています。
仁木

医薬品供給の安定性の確保

医薬品を製造するにあたり「医療現場に安定的に供給する」ということは当たり前のようですが非常に重要です。そのために他部署と連携をとりながら生産計画を立案し、それを製造現場に落とし込んで日々の製造業務のプランを立てています。

小野薬品らしさ


土屋
小野薬品は製造部門を子会社などではなく、自社内におかれているようですね。

はい、それも小野薬品の強みであると考えます。製造部門(工場)を社内におくことで、製造に関わる様々な部署とスムーズな連携を取りながら、効率的かつ迅速に対応することで、医薬品の安定供給を実現しています。また、それら部門間の交流は、人財育成にも大きく寄与すると考えています。外部への製造委託についても、中長期的に自社で持つ技術、設備、それを担う人財を見極めて、効率的に行っています。
仁木

品質保証

医薬品を製造する元となる原薬の品質や製造された医薬品の品質を厳しくチェックし、安心してお使いいただける医薬品づくりに取り組んでいます。

小野薬品らしさ


土屋
新薬の発売時など、新たな品質試験方法や評価体制の構築はどのようにされていますか?

製剤化の研究部署と品質試験部門を同じ組織として運営することで、小野薬品のチーム力を生かし、研究段階から研究者と製造部門の品質担当者が長期にわたり連携して仕事をすることで研究所から工場へ、その技術を安定的に移管しています。そして、常により高い品質を目指して、業務の見直しを行い改善や改良に挑戦しています。
仁木

ono's 製造技術職の研修体制

300年に及ぶ長い歴史の中で培ったアイデンティティを大切に守りながらも、世界に通用する独創的な医薬品を送り出す研究開発型企業への飛躍というビジョン実現のために、なくてはならないのが人財です。
小野薬品は社員の能力を向上させ、十分なパフォーマンスが発揮できるような環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

入社時 3年目以降 管理職

新入社員全体研修
新入社員フォローアップ研修
病院研修

入社3年次研修
入社5年次研修

職務等級別研修
マネジメント類研修
コーチング研修

部門別新人研修
・製造技術職新入社員導入研修
・製造技術職現地研修

生産本部内各種研修(英語・実務ケーススタディ・コミュニケーション研修等)

選抜型研修(グローバル人財・語学研修)

e-ラーニング(ハラスメント・契約・コンプライアンス 等)
自己啓発学習支援(オンライン英会話・通信教育)